内出血

美容皮膚科のウルセラは、ウルセラという機器を使用したたるみ治療で、痛みや腫れが少ないためほうれい線治療としても知られています。
超音波を使用して切らずにほうれい線の原因となるたるみを体の内側から改善する効果が期待できます。
使用される超音波は腫瘍の治療などでも使用されているもので、60〜70度程度の熱エネルギーを集中して瞬間的に照射するため施術時の痛みは殆ど感じません。

また狭い限られた範囲に集中して照射することができるため、周辺の組織を傷めることはありません。
ウルセラは皮膚の深いところの筋肉や組織に直接働きかけるため、コラーゲンの生成を促す働きがありリフトアップなどが期待できます。
ウルセラの施術により細い血管が破壊されることが原因で内出血を起こす場合がありますが、これは深部にしっかりとエネルギーが届いている証拠でもあるため、心配はいりません。
個人差はありますが、赤みやほてり、軽度の腫れ、痛みなどを感じない場合もあり、皮膚表面へのダメージが少なく軽い腫れ程度でダウンタイムが済む場合が殆どです。