ウルセラについて知る

ウルセラによる引き上げ効果

 

顔のたるみを克服する方法

 

男性にとっても、加齢による顔のたるみは悩みのひとつとなっています。
歳を取ったから仕方ないとは思っても、改善できるものならしたいと
気にされている方も多いのではないでしょうか。

男性の悩み

実は、顔のたるみの原因として気にしたいことの1つに男性ホルモンが挙げられます。


ではなぜ、顔のたるみと男性ホルモンが関係しているといえるのでしょうか。
それは、男性ホルモンは筋肉と関係があるからです。


本来なら筋肉をいつまでも元気に保つ助けをしてくれるはずです。
ところが、加齢により筋力は徐々に衰えてきます。


顔には表情筋と呼ばれる筋肉が皮膚の下にたくさんついています。
男性ホルモンは三十代ごろから徐々に低下すると言われているので、
常に鍛えることが大事です。


また、サプリメントや滋養強壮剤に頼っている人は少なくありません。
ホルモンバランスを整えるためには、確かに特定の栄養素は不可欠です。


いつも外食やコンビニ弁当に頼っているなら、ホルモンにもよくありません。
簡単でも、自炊をした方が健康的です。


特に亜鉛やたんぱく質は筋力をつける重要な栄養素です。
牡蠣や牛肉、玉ねぎなどがお勧めの食品なので積極的に取り入れます。


牡蠣は男性に必要な栄養素がたっぷり入っています。
スーパーで生牡蠣を買ってそのまま食べるだけなら、簡単に摂取できるはずです。


このように、食事によってホルモンバランスを整えることが、顔のたるみの解消に繋がります。
顔の筋肉を強化することでたるみに抵抗できるからです。

食事で改善

 

顔のたるみをトレーニングで改善する方法


もちろん食事だけでは不十分です。食事以外で重要なアプローチは筋トレです。


顔をどうやってトレーニングするのだろうと疑問に思うかもしれません。
顔にはたくさんの筋肉がありますから、それらを鍛えることで顔のたるみを解消できます。


筋トレの一つは、頬の筋肉を強化することです。
鏡を見ればわかるように、頬には脂肪が付きやすく顔のたるみが顕著に見られます。


やり方は頬骨を上に持ち上げるようにします。口元はすぼめることがポイントです。
頬骨の筋力を強めることで、頬全体の下垂を防止します。


二つ目の方法は目の下の筋肉を鍛える方法です。
通常、瞬きをするときは上の瞼を閉じることが多くなります。


下瞼を使わない事で目の下の筋肉が弱り、たるんできます。
思いっきり目に力を入れて、目を極限まで閉じます。その際には下瞼を意識しましょう。


ちょうど眩しい光を見るときのようにします。別の方法は口元にアプローチすることです。
思いっきり笑顔を作って、口角をあげます。口角をあげることで口元の筋肉を使うので
強くすることができます。


この三つの方法は筋肉にアプローチでき、効果的です。
毎日続けることで成果があらわれます。


また、トレーニングの前後に顔を軽くマッサージすることも
顔のたるみ改善に有効的だと言えるでしょう 。